オフショア開発,

97 views

オフショア開発の現在・動向|ベトナムにおけるオフショア開発の見通し

日本企業は現地の安い人件費を利用し、コスト削減・利益拡大の目的として、オフショア開発を導入することになりました。簡単に考えると、人件費の安い国のエンジニアを雇用し、ソフトウェアやWebシステム、スマホアプリ開発などを行った場合、同じ人月で同じ品質のものが出来上がれば、開発相場は下がります。また最近では国内の人手不足(特にスマホアプリ開発開発者など)に伴い、優秀な開発者の確保という期待にもオフショア開発は満たすことができます。では オフショア開発の現在・動向|ベトナムにおけるオフショア開発の見通し についても把握しましょう。

オフショア開発の現在・動向

オフショア開発の現在・動向

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のある調査によると、日本IT関連企業の約45.6%がオフショア開発という手法を導入していると言われており、今後も、海外に開発を委託する企業が年々、増えていくと分かってきました。

今まで、大手企業のみがオフショア開発を行うと言われていたが、最近、中小企業でもオフショア開発を導入し、開発コストの削減を成功させており、より敷居の下がった開発手となっています。

日本のオフショア開発先として、中国は1位にランキングされていますが、中国に次ぎ、2位に立っているベトナムは日本企業に注目されており、中国を抜き、日本企業の第一のパートナーになると期待されています。

3位と4位はそれぞれインド、フィリピンです。この他にも案件内容によって、タイやインドネシアに開発を委託する企業もあり、今後、ミャンマーやモンゴル、クロアチアなどが人気を集まっていくと予想されています。

ベトナムにおけるオフショア開発はこれからどうなるのでしょうか。

ベトナムにおけるオフショア開発の見通し

ベトナムは開発先として、注目されています

現在まで、ベトナムのオフショア企業は日本企業からの指示や提案を受けたまま、解決策を提供せずに、開発を行う傾向がありますが、今後は新しいやり方が見られるようです。ベトナムのオフショア企業が目指しているのは発注先の負担を減らし、最適なソリューションを提案することです。それを実現するのに、最新・最先端の技術を追求するのが必要となっています。最新・最先端の技術を応用するからこそ、クライアントの希望や期待を超えた高品質を提供できるではないでしょうか。

前の記事
次の記事

#関連キーワード