オフショア開発,

203 views

オフショア開発を成功させる提案

オフショア開発はホットトレンドの一つで、ますます委任されている勢いがあります。高品質な人材をはじめ、日本企業と比べて安いコストをかかるのはオフショア開発メリットです。とはいえ、遠隔での作業の由で管理不足や開発のブラックボックス化という問題があり、失敗する恐れがあります。では オフショア開発を成功させる提案 にはどうすればよいでしょうか。

対応は2つあり、さきほど挙げた失敗する原因をなくすことが、結果としてオフショア開発の成功につながります。

① 積極的なコミュニケーション

積極的なコミュニケーション

1つ目の対応は、システムの発注者側も、オフショアベンダーに丸投げでなく、開発側の作業内容の確認や進捗確認にうるさいくらいに入り込むことが必要です。大きなプロジェクトの場合、現地の作業現場に赴き、様子をみるということも考慮すべきです。

この現地に作業現場に訪問することにより、オフショアベンダーのメンバーは大変喜悦します。この理由としては、発注者が、オフショアベンダーのメンバーのことをしっかりと興味を持っているという表れでもあるからです。

また現地に赴くことにより、オフショアベンダーのメンバーの名前や顔を確認することができますので、その後のプロジェクト管理も円滑に進めることができます。

② 開発進捗の明確化

開発進捗の明確化

2つ目の対応は、ブラックボックス化のソリューションです。

これはラボ型開発をしてくれるところを頼ることにより、開発作業として実施している内容を把握できることになります。さらに、場合によっては現地駐在の日本人もいますので、日本語である母国語でのコミュニケーションが円滑となります。

開発のブラックボックス化もコミュニケーションが円滑化することにより、議論が深掘りでき、開発の概要から詳細まで確認することができるのです。

まとめ

オフショア開発におけるメリットを大きく取得できれば、システム発注者側としても大変大きな利益となります。

それにもかかわらず、コスト削減といった費用ばかりに目を向けてしまい、さらにコミュニケーションをせずに丸投げをしてしまうと、システム開発は必ず失敗します。

うるさいくらいお節介にオフショアベンダーとコミュニケーションをし、システム開発に入り込むことにより、オフショア開発への成功に進むのです。


前の記事
次の記事

#関連キーワード