オフショア開発, システム開発,

261 views

パッケージ開発と受託開発|どちらで仕事を受けますか?

パッケージ開発というフレーズを聞いたことがありますか。パッケージ開発は、事業部門とサービス管理の管理運用ITソリューションです。そして、受託開発とパッケージ開発の関係は何でしょうか。全体構成の作業が得意なパッケージと、受託開発のような構築基準が、複雑になっています。パッケージ開発で、フォローされます。では、 パッケージ開発と受託開発|どちらで仕事を受けますか?

パッケージ開発とは?受託開発とは?

パッケージ開発とは?受託開発とは?

パッケージ開発は文字通り、市販ソフトウェアソフトを開発することです。ERPソフトウェアなど、特定の業務や業種で汎用的に利用できる既製品(パッケージングされたもの)のことを指します。

顧客管理や文書・表の作成、建設業の進捗管理や自動車製造業における設計といったように、多数の企業において汎用的に利用できる見込みのあるソフトを目論み開発されています。企業だけでなく、年賀はがきの作成ソフトや写真・動画編集ソフトなど個人向けのソフトも該当します。

これの対義語にあたるのが、スクラッチ開発品でいわゆる「受注生産品(IT業界ではこれを受託開発と言います)」となります。

受託開発は、クライアントのシステムの開発において、クライアントのコンサルティングから設計、開発、運用・保守・管理までを一括請負うことです。カスタムメイドの受託開発が圧倒的に多く、下請け(協力会社)を組み合わせて1から作るのが日本のスタイルになっています。

パッケージ開発と受託開発の仕事内容に迫る

自社のタイミングで開発・販売が可能であるため、厳密な納期に縛られることなく開発に専念でき、製品の完成度を高めることができます。

ただし、明確なクライアントが存在しないため売れなければ利益が全くあがらないので、事前に市場のリサーチを重ねたり時流を読んで、ユーザーが求めている機能や利便性をキャッチして盛り込む必要があります。

一方、システム開発・IT業界で数が多いのは受託開発を行う会社です。

クライアント(依頼主)が存在して、システム開発を依頼を受けて望み通りの商品(システム)を納品するというスタイルになります。顧客主導で仕様や納期が設定されるため、それに応じて開発業務を進める必要があります。

しかし、パッケージ開発とは異なり、「買い手=出資者」がまず先に存在して業務・依頼が発生しているため、売り上げを取り損なうという事態はありません。

要望ありきでカスタム製品を作るか、社会に需要を提案するかの違いです。

パッケージ開発と受託開発どちらで仕事を受けるか?

受託開発で受ける

受託開発では、クライアントの意向が大事で、システムを分かっていないクライアントは好き勝手注文を付けたり、開発の途中で仕様変更を要求してきたりしています。その度、納期が遅れるか、要員を増やさなければなりません。更に「社外秘」「機密事項」などの情報を扱う事が多いので、外部の人には話せません。

また、現地調整と言って開発マシンで作ったシステムを本番のマシーンに移植する必要があります。受託開発で自分が作ったソフトの著作権はクライアントに属しますので、流用できないというボトルネックがあります。

パッケージソフトで受ける

それに対して、パッケージ開発は汎用ソフトですから、しっかりマーケットを抑えておけば1度ヒットすると爆発的なシェアを持つことになります。また、使い勝手が良ければ、年賀状を初めとするハガキを作成するパッケージ開発は、必ず毎年の利益が見込めます。

勿論、会計ソフトERPパッケージなどのはパッケージ開発もマイナンバー制度の導入やクラウドのため、バージョンアップしたソフトをクライアントは必然的に導入することになります。パッケージ開発は、幾つかのOSで動作確認するだけで、現地調整の必要はありません。

しかし、不要な機能がある反面、足りない機能があれば別途料金を払って貰い、機能を付けるというクライアント側に思わぬ出費があります。

まとめ

ここまでパッケージ開発と受託開発について把握していただけますか。プロジェクト次第で、適当な形態を選びましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード