オフショア開発, システム開発,

271 views

スクラッチ開発とパッケージ開発|メリットとデメリット

業務システムを構築していると、スクラッチ開発とパッケージ開発の言葉を聞いた人が多いかもしれませんが、この二つの違いやメリットとデメリットをご存じですか。では、この記事に スクラッチ開発とパッケージ開発|メリットとデメリット について挙げます。

スクラッチ開発、パッケージ開発の特徴

スクラッチ開発、パッケージ開発の特徴

スクラッチ開発の特徴

スクラッチ開発は、「特定の雛形を使わずに一からシステムを開発すること」です。したがってプログラマーを大量に雇い、既存システムにはないものを作り上げる必要があります。

競合があまりいない分野の業界で用いられることが多いです。

パッケージ開発の特徴

パッケージ開発はもともとパッケージのソフトがあり、それを業務に合わせて一部改変して導入することになります。パッケージ開発はプログラマーよりも、設計者や業務理解者が必要になります。

パラメータの一部を変更することだけで、導入出来たりする点もパッケージ開発のひとつの特徴です。

スクラッチ開発のメリットとデメリット

1. スクラッチ開発のメリット

業務にぴたっと合うシステムの創作可能

全て手作りのため、業務にぴったり合うシステムを作ることが可能です。クライエントの需要からシステムを設計し、開発することによって確実を確保できます。

ソフトウェアに依存しない

パッケージを投入した場合、そのソフトウェアを中心に物事を考える必要があります。そのためソフトウェアに依存した社内システムが、出来上がってしまうのです。そうすると他の業務システムを導入する場合に、整合性を保つ作業が発生してしまいます。

スクラッチの場合は、接続する部分だけ回収を加えてあげれば良いです。しかも手作りなので改修ポイントが見えやすく、変えることも内部調整だけで完了します。

他のシステムとも連携しやすい

スクラッチの場合、他のシステムに合わせることができます。例えば、現場で使うアプリがiOSの場合それに合うIFを基幹システム側で作るのか、それともiOS側で調整するのか迷いますよね。スクラッチで基幹システムを構築している場合、どちらでも対応可能になるのです。

2. スクラッチ開発のデメリット

長期間の開発期間が必要

全て手作りのため、開発期間が長くなります。人集めから始まり、「予算」や「計画」など、システムを作り出す前の部分から多くの時間を割くことになります。

また設計やハードの選定など、スクラッチには色々な部分に変数が転がっています。設計やコーディングフェーズも、パッケージ導入プロジェクトに比べると、かなり長くなるでしょう。

全て手作りなのでお金がかかる

期間と同じ理由で人の数も多くなるので、その分大きなお金がかかります。人数が多くなればなるほどお金がもっと要るのは当たり前でしょうか。

作ったベンダーに保守運用が依存する

保守や運用を自社で引き取るのは難しく、そのままベンダーに保守と運用をお願いするパターンがとても多いです。そのため保守運用でも、お金がかかってしまいます。

パッケージのメリットとデメリットはスクラッチと逆だと考えて貰えば良いでしょう。そのため、パッケージ側のメリットは割愛します。

スクラッチとパッケージのどちらを選定するか?

基準をどこに置くかという点が異なるので、市場価値が向上しやすいのは?という切り口から見ていければと思います。

スクラッチ開発の場合評価が上がりやすいのは、プログラマー?

スクラッチ開発では、プログラマーの評価が上がりやすいです。パッケージ開発のプログラマーはシステムの一部しか、開発することができません。それに比べて全て手組みのスクラッチは、担当範囲も広く、深いです。

プログラマーの場合は、スクラッチ開発をして市場価値向上を狙いましょう!

パッケージ開発の場合はコンサルタントが良いでしょう!

パッケージ開発は、コンサルタントが重要な役割となります。

クライアントの業務を理解し設計しないとパッケージに合わなくなってしまうからです。業務を整理する能力がつくパッケージ開発はコンサルタントとして携わりた方が良いでしょう。

まとめ

ここまでスクラッチ開発とパッケージ開発を把握していただけますか。業務のニーズ次第、適当な形態を選びましょう!

前の記事
次の記事

#関連キーワード