オフショア開発, システム開発,

256 views

システム開発とは?|システム導入のメリット

目覚ましい技術発展を遂げる昨今では、システム開発という言葉が耳にしたことが多いかもしれません。では、システム開発は何でしょうか。また、システムを応用すると、利益が出ますか。この記事に、 システム開発とは?|システム導入のメリット についてご解説します。

システム開発とは?

 システム開発とは?|システム導入のメリット

「システム開発」とは、「業務の仕組みをつくる」ことです。

よく勘違いされることがあるのですが、「システム開発」=「コンピュータシステム」と考えられることがあり、すべてをコンピュータシステムに置き換えることを考えると、高額な費用だけが発生して、肝心の業務改善や改革、あるいは最適化を図るための視点と機会を失ってしまいます。

つまり、コンピュータシステムは業務の一部なのです。以上のことから、システム開発は次の3点にまとめられると考えられます。

  • 新しい業務の仕組みを考えること
  • 業務にあわせたコンピュータシステムを作ること
  • 業務を刷新し、その効果・効率をあげること

この3つが揃うことで、システム開発が成功した、と言えると思います。

システム導入のメリット

システムを導入することで、様々なメリットがあります。お客様のニーズにもよりますが、主に以下のことが可能になります。

■ 業務の効率化

・情報共有を容易に行えます。

・業務が標準化されるので、人為的ミスが減ったり、他の人による作業の代行が可能になります。

■ データの活用

・情報を蓄積することができるので、過去の情報を確認することができ、現在の情報との比較なども容易に行えるようになります。

・それを元に、将来の予測をすることも可能です。

システム導入前における心構え

システムを導入する上で最も重要なことは、「何のために導入するか」です。「周りの企業が導入しているから、うちも導入しよう」といった安易な考えでシステムを導入することは、かえって費用の無駄になります。システム化することによるメリットと、導入した後に業務がどのように変わるのかを認識した上で、検討してください。

このことから、導入前には以下のことを心がけるべきだと考えます。

・何のためにシステムを導入するのか

・導入したことでどのようなメリットがあるのか

・導入後の業務がどうなるのか

まとめ

現在、システム開発は様々な業界に応用されています。事業を営むと、利益をもっと得るためにシステム開発を発注してみましょうか。

前の記事
次の記事

#関連キーワード