オフショア開発,

159 views

オフショア開発の今後

オフショア開発とは日本より人件費の安い海外に開発を委託し、開発コストを大幅に削減できる手法です。しかし、コストカットや人材確保といったメリットを持っている反面、意識違いなどのデメリットも持っているオフショア開発はこれから進展していくのか、衰退していくのか、ここでは オフショア開発の今後 について考えてみます。

オフショア開発はますます進化する

オフショア開発はますます進化する


国内のITエンジニアが不足している背景に、今後もオフショア開発が進化していくことが予測されます。特に、大手企業だけではなく、中小企業もこれから、海外拠点を出したり、現地法人とバートナーとなってオフショア開発を導入することを強化し、人手が不足するPG工程を充足させる動きは見られるようになるでしょう。

ただしあまりにもオフショアに依存しすぎてしまうと、国内エンジニアの成長ステップが阻害されてしまうという声も上がっています。するとプログラミングも十分に経験せずに設計書を書くのですようになってしまい、高品質のシステムを設計することが難しくなってしまうかもしれません。将来的には、プログラマーの教育はどうなるでしょうか。

オフショア先の遷移

オフショア先の遷移

これまで、中国はオフショア開発先として、一番人気な国だと評判されていました。世界の工場”と呼ばれていた中国は、IT業界のみならず、製造業や紡績業などの受注さきでした。

なぜ世界はが中国に関心を持っているのかと言えば、人件費が安く、労働人口が多いからです。しかし、経済の急速な発展である中国は人件費が高騰してきたことで、人気度が徐々に減ってきました。そこで、別の開発先を選ぶことが緊急になっています。

その背景に、オフショア先として注目されているのは、民主化が始まって民間企業の進出が激しいミャンマーや、IT人材を多く有するベトナムなど、東南アジアの国々です。いずれの国も経済的には日本より、まだまだ発展途上という段階に突入し、人件費の水準もお手ごろ価格で、オフショア先にはちょうどよい国なのです。

 オフショア開発の形

オフショア開発の形

今後は、いままで委託先になることが多かった中国やインドが、反対にオフショア開発をする側として乗り込んでくることも増えてくるでしょう。そのため、今後オフショア開発の市場規模は日本では衰退していくという予想もあります。そう考えると、国内で自給自足できるようにプログラマーの育成が必要になるでしょう。

また、オフショア開発ではなくオンショア開発ということで、海外の高度人材を日本に招請することも現在進められているのです。そうしたら、企業などでは国内と海外の人材が混合した開発チームも増えていきます。そういった意味ではオフショア開発は衰退する、規模が小さくなるというのではなく、形を変えて生き残っていくではないかと思います。

おわりに

オフショア開発はこれから衰退するのか、更なる進化するかという答えをなかなか出すことができません。すぐになくなることはなくても、形を変えていくことが予想されています。

それでも、せっかく構築した海外とのコネクションですから、パートナーシップをさらに強化し、新たなソフトウェア開発の先駆けとなるのは間違いないでしょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード