オフショア開発, システム開発,

142 views

システム開発|手順、利用事例、依頼する時の注意点

昨今はディジタルとテクノロジーの時代なので、テクノロジーを採用している企業が多いでしょう。それらのテクノロジーの中はシステム使用のことです。そのため、システム開発は必要になります。ここでは システム開発|手順、利用事例、依頼する時の注意点 を紹介していきます。

システム開発ってなに?

システム開発|手順、利用事例、依頼する時の注意点

システム開発を一言で説明すると、「仕組みを作ること」になります。つまり、企業におけるシステム開発の場合、業務効率を向上させるための仕組み作りこそが目的になるわけです。昨今ではこのようなシステムを開発し、活用することで業務の効率化を図っている企業が増えています。しかし、実際にシステム開発を検討していても、自社にノウハウやスキルがなかったり、そもそもの人材がいなかったりするケースもあるため、システム開発会社に依頼する企業が多いのです。

システム開発の手順

システム開発には決められた手順があります。

システム開発において、最も先に行うべきことが、要件定義です。この要件定義で、「どんな成果物が欲しいのか」、「どんな機能は譲れないのか」を明確にし、その要件を満たすものを作るために計画を立てていきます。

そして、その計画に沿ってシステムの外部や内部を作り上げていきます。また、形にはなったシステムですが、実際に運用できないと元も子もありませんよね。そこで、様々な方法で、そのシステムが正確に作動するかテストを行います。いくつかのテストをクリアしたら、実際に運用するためにシステムの移行をしていくことになるのです。

システムの利用事例

まず紹介するのは保険業界です。保険会社のコールセンターで顧客満足度をあげるためにシステムが開発されました。それは、顧客からのお問い合わせ内容を、その場でオペレーターが、データベースに登録し、即座に後方担当者が確認できるようなシステムです。これにより、リアルタイムで情報が蓄積され、その顧客に、より適した提案をすることができるようになったのです。

他にも、システムは放送業界でも稼働しています。近年では、多くの局が、番組の自動配信やアーカイブをおこなっています。そこで、完成した番組を、すべて自動で配信し、アーカイブまで行えるようなシステムが開発されました。人為的なミスを最小限に抑える狙いがあります。

システム開発を依頼する際の注意点

まずは、そのシステム導入の目的を明確にするということです。その上で、どんな機能が欲しいのかを考えます。さらに、その機能の中でも、絶対に譲れない機能は何なのか、あれば嬉しい機能は何なのか、と優先順位をつけていきます。最後に、忘れてはならないのが、これらを制作会社に正確に伝えるための、入念なコミュニケーションです。

まとめ

システムの開発は、業務管理や在庫管理などにおいて大きな役割を担うため、想像以上に多くの業界で行われているものなのです。システム開発を把握し、徹底に採用し、自社に大きな結果を取得しましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード