人工知能,

169 views

AIのできないことや苦手なこと

AI・人工知能時代の到来とともにAIなら何でもできそうというイメージを持つ人も増えているかもしれません。確かに、人工知能のできごとは前回の記事で説明したように、幅広い分野で渡っていますげ、なんでもできるわけではありません。残念ながら、現時点ではAI・人工知能にも得意な分野、対応できない分野があります。そのため今回は AIのできないことや苦手なこと を理解していきましょう。

第一:人の気持ちを汲み取ること

人の気持ちを汲み取ること

ビジネスを円滑に進める上では、相手がどのような気持ちや考えを持っているのかを察し、空気を読むことが大切になる場面も多いでしょう。しかし、人間の気持ちは複雑なもので、最善解があると分かっていながらも気持ちがそれを許さない、ということもあるでしょう。人工知能の最善と判断したことは正しいかもしれませんが、人間の気持ちも踏まえた判断にすることは難しいのではないかと言われています

そのような「相手の気持ちを察して空気を読む」といった行動は、人間ではないと、簡単に行うのが非常に難しいのです。もちろん、AI・人工知能は過去のデータをもとに予測できますから、AIが最善と判断したものは決して間違っていない可能性が高いでしょう。しかし、それはあくまでも「そのビジネスに関わる人間の心理」を差し引いた上で導き出されたものに過ぎないのです。

そのため、AIを導入し、業務効率化を図っていくことも極めて重要ではありますが、必ずしもすべての業務をAIに任せることができるわけではないと考えておいたほうが良いでしょう。言い換えれば、「相手の気持ちを読み取る必要がある業務」においては、私たち人間は活躍する必要があるではないかと思います。

第二:人間のようにクリエイティブに動く

人間のようにクリエイティブに動く

クリエイティブとは、0から1を作り出す事。

AI(人工知能)には過去のデータを元に未来を予測することを得意としていますが、これまで誰も思いつかなかったような革新的なアイデアを「創造的な作業」としてを考えることができません。言い換えれば、AI・人工知能の「まったく新しいものを生み出す力」は決して高くないといえるでしょう。

例えば、いくら優秀なAI(人工知能)でも、デザイナーなのどクリエイティブな仕事は人間の方が向いている事でしょう。

実は絵を描く、作曲するなどのクリエイティブな作業も人工知能はすでに成功しています。とはいえこれは大量のデータを学習させているからで、まったく何もない状態から新しいものを創造するのは人工知能では難しいのではないか、という意見があります。

第三:リーダーシップを発揮できない

リーダーシップを発揮できない

また、現在のAI(人工知能)は、リーダーシップを発揮することができません。なぜかといと、人工知能は心のある人間ではなく、機械やロボットからです。

しかし、リーダーシップとはコミュニケーション能力で人々を導き、行くムードメーカー的な存在です。それに対して、AI(人工知能)には人間のように心を通じたやりとりをするスキルはまだありません。なので人間がロボットのリーダーに従う時代はまだ来ないでしょう。


まとめ

今後、AI・人工知能に置き換えられる業務も増えていくことが予想されますが、そのAI・人工知能を活用していくのは私たち人間に他にありません。なので、人工知能を使いこなすために、、やはりAI・人工知能に関する知識を養っていく必要があるでしょう。人工知能のできることもできないこともしっかり把握し、適切に活用しましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード