人工知能,

162 views

人工知能は一体何ができるのか

現在、「人工知能(AI) の時代が来た」という言葉をよく耳にしますが、実際に人工知能が普通のコンピューターよりどこが優れたのかや私たちの生活にどんな影響を与えるのか等を知りたい方が少なくないでしょう。 人工知能は一体何ができるのか 、今回の記事では、解説していきましょう。

画像処理

画像処理

その画像処理というのは、カメラやセンサーなどの機械の目で見た物体や情景を、人間と同様、あるいはそれ以上のレベルで認識できます。

どこに何があるのかを識別できる

画像処理AI(人工知能)にできること1つ目は、

例えば、自動運転に搭載されるAI(人工知能)は、運転手のように、車載カメラの画像を取得して、通行人、対向車、標識などを識別できます。そして、運転中の人の視界では見落としてしまいそうな通行人や障害物にも気がつけるのです。

目に見える状況を言葉で説明

どこに何があるのかがわかるだけではなく、なんと見えている状況を言葉にして説明することが可能です。

例えば、野球選手の画像をAI(人工知能)に見せた時、「フィールド上でバットを握る野球選手」と説明しました。

また、人間は、目で見た物体や情景に不足した情報があっても、過去の経験などから、それが何なのかを推測できますが、人工知能の場合も同様のことができるようになりました。

超解像

今現在、動画像の解像度を高める超解像技術はすでに当たり前になりました。でも、AI(人工知能)には何が写っているのかまったくわからないほど荒いモザイク画像を、オリジナルに近いレベルにまで推定できるのです。
このような技術を応用すると、防犯カメラが撮影した低解像度の映像でも、犯人を推定することが容易になるでしょう。

モノクロ画像をカラー化に

画像処理AI(人工知能)にできること4つ目はモノクロ画像のカラー化です。

人は、木や草のモノクロ画像を見たときに「おそらく緑色」であると推測しますよね。実はAI(人工知能)にも同様のことができるのです。

例えば昔の写真や映像を見せて「空の色は青色、森の色は緑色」といった具合。このようにAI(人工知能)はどんな色なのかを推測することができます。
人より正確に色合いを見極めて推測するのでとても驚きですよね。

医師のように診察できる

医療の分野で医師のスペシャリストのようにAI(人工知能)が専門的な判断を下すことが可能になりました。

最近、治療分野で話題になっているのは人工知能により、大腸がんが内視鏡検査で早期発見。

導入されるシステムは、大腸がんのうち、隆起したタイプの早期がんと前がん病変であれば、98%発見できます。その後、平たく広がって見つけにくいタイプの大腸がんも学習し発見できるようになりました。現在システムの最終的な試験を行っており、まもなく実際の内視鏡検査で使用され始める予定です。

そうなれば将来的に、目に疾患を持った患者の病状が悪化して失明することを抑えてくれることでしょう。

音声処理

音声処理

音声処理AI(人工知能)には、目に見える物を判断でき、人間のように様々な音の中にある特定の音声を耳で聞き分けて、その内容を理解し物事を判断できます。
それでは、AI(人工知能)が人間のようにどこまで判断できて行動できるのか見ていきましょう。

言葉を聞き取る

例えば、私たちの生活に身近なスマートテレビにも、人工知能が搭載されています。その活用により、たとえば、テレビのチャンネルを変えるとしたら、リモコンを操作する必要がなく、声でチャンネルを変えることができます。

NTTは、複数人の音を聞き分けてリアルタイムに議事録を作成する人工知能を開発。また、徳島では議会の議事録をAI(人工知能)が取る実験をしています。
このように、議事録を作成するなど手間のかかることをAI(人工知能)が肩代わりしてくれる日もそう遠くなさそうです。

わずかな音の違いを聞き分ける

機械の調子が悪くなると、発する音が変化します。かつて職人と呼ばれる人々が、工場内の設備などの発している音を聴いて機械の調子を知り、不具合がないか確認していました。しかし、AI(人工知能)の時代にはそうした職人技を人工知能が行ってくれます。
また、人間にも聞こえないような音域も聞き取り、工場設備や自動車運転などの機器故障を判定できることで、故障や定期メンテナンスによる作業ロスを回避し、効率的な設備運用が実現でるようになりました。

自然言語処理

自然言語処理

現在の人間と同様に、AI(人工知能)は言葉まで操れるようになり、複雑な操作をせずとも対話によってコミュニケーションをとり行動に写せるようになりました。
それはどんな感じなのか見ていきましょう。

人間と会話する

2016年にMicrosoft(マイクロソフト)がLINEで女子高生AI「りんな」を公開、まるで女子高生と話しているかのような会話ができると話題になっています。
「こんばんは」と話しかけてみたら、「こんばんは」と返ってきました。これは普通。「夕飯食べた?」と話しかけると「食べたよ〜でももうおなか空いてきた。さきイカでも噛むか」と返事が。
まだ会話になっていない部分も多々ありますが、このまま行くと人間同士で会話するようにAI(人工知能)と日常でコニュニケーションをとる日が近いでしょう。

記事を書く

実のところ、人工知能は、すでに記事を書けるレベルにまで進化を遂げている。シリコンバレーに設立されたKnowhere社は、すべての記事を人工知能で補っている。毎日50個の記事を掲載しているこの会社は、350社ほどのニュースサイトを情報源として、そこからの情報がリアルタイムで人工知能に送り込まれている。

まとめ

人工知能のできることは幅広い分野で渡りますね。人工知能の進化につれて、私たちの世界はだんだん変わっていくでしょう。人工知能のサポートにより、人々の生活はより便利で、豊かになっていくと期待されています。

前の記事
次の記事

#関連キーワード