人工知能,

221 views

AIによる自動運転はインターネット上で話題

最近、AIに対する人々の関心が高まっており、AIの活用にまつわる意見が活発に交わされています。その中 AIによる自動運転はインターネット上で話題 になっています。日本国内外、自動運転を研究・実験・開発に取り組んでいる大手の自動車メーカーはますます増えていくと思います。自動運転って一体どんな乗り物でしょうか。

自動運転とは

自動運転とは

自動運転車とは「運転操作が自動化される」車のことです。今までの車はドライバーの操作により、目的地に走っていましたが、AIを搭載した車は運転手が何もしなくても、目的地にたどり着くことが可能になります。

自動運転は、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が発表した6段階の「自動運転レベル」で定義されています。

レベル0:運転自動化なし

レベル1:運転支援

レベル2:部分運転自動化

レベル3:条件付き運転自動化

レベル4:高度運転自動化

レベル5:完全運転自動化

人間の介在を必要とせず、システムがすべて制御する運転はレベル6の「完全自動運転」と呼ばれています。

自動運転レベルに関して詳しくは、次の記事で詳しくご紹介しまします。

2020年には、自動運転「レベル4」である高度運転自動化の技術は、一定程度の水準に達する予想されています。
さらに欧州や米国、日本などの先進国は、2030年前後を目途に、自動運転が完全に実現するためのインフラや整備を整える方向性を強調しています。

自動運転が普及すると、ドライバーの運転をサポートしてくれるため運転の負担が軽減し、運転操作不適による交通事故を減らすことが期待できます。また、完全自動化が進むと、ドライバーであっても車内で会議や打ち合わせができることが予想され、近い将来運転席に人がいなくても問題なく走行できるようになるでしょう。

自動運転車の登場が私たちの生活にとってどんなメリットが出るか。

自動運転車のメリットは次の5つが考えられます。

運転から解放される

運転から解放される

自動運転が実際に導入されれば、ドライバーは車を運転しなくても、目的地に行くことができます。そうなると、ドライバーは運転する緊張感から解放されます。

バスやタクシーに乗っているのと同じ状態である自動運転により、人間は読書をしたり仕事をしたりと時間を有効活用することができます。

交通事故の減少

交通事故の減少

自動運転最大のメリットとも言えば、やはり交通事故の減少でしょう。
交通事故の発生要因は、ドライバーの操作不適や漫然運転といった人的原因がほとんどとなっています。人間は必ずミスをするものであるため、この状況では事故の増加はなかなか避けることは非常に難しいのです。

しかし、自動運転になれば常に機械が物事を判断するため、脇見運転や操作ミスといった原因の事故はなくなります。車を運転する高齢者が増える日本では特に効果的なメリットとなるでしょう。

運転できない人の移動手段となる

運転が自動化するため、現在の免許制度が大きく変わります。
そのため、今までは視力や判断力が衰えた高齢者や、障害があることで運転免許を持てなかった人も運転できます。

渋滞ストレスからの解消

運転するとき、最も気になるのはどこが渋滞するかなどの道路の状態でしょう。自動運転の存在により、通状況を把握したり、他車との連携によって回り道を検索したり、常に最善のルートを割り出すことが可能です。

より正確に車間距離や速度の調整をできるようになるため、そもそも渋滞が発生する状況が起こりにくくなることが予想されます。渋滞ストレスからも解放されるでしょう。

環境に優しくする

境に優しくする

ドライバーが運転すると、必要以上にアクセルを吹かしたりスピードを出しすぎたりすることがあります。
そうすると、必要以上に二酸化炭素を環境に排出してしまい、環境汚染を引き起こしてしまいます。また、タイヤの摩耗やエンジンの負担も大きくなり、車の寿命にも大きく関わってきます。

しかし自動運転になると、必要最低限の加速やハンドル操作で運転してくれるため、ガソリンの無駄な消費や車への負担を減らすことができ、環境に優しくするでしょう。

まとめ

今後ますます自動運転車の開発が進み、私たちの生活にとってより身近な存在になれば、車の運転が苦手な人でも安心して運転できる時代が到来すると予想されます。運転が完全に自動化するように、欠かせないような先進技術を次の記事をご説明します。自動運転に対する関心を持っている方は、ぜひご覧ください。

前の記事
次の記事

#関連キーワード