Webシステム開発, オフショア開発, システム開発,

97 views

Webシステムのメリットについて

前回の記事にはWebシステムの概要についてお伝えました。Webシステムはインターネット上で利用できるサービスやシステムのことです。インターネット経由ではないシステムには、どのようなものがあるのでしょうか。Webシステムと比較して、それぞれのメリットをお伝えします。では、この記事に Webシステムのメリットについて をご解説しましょう。

Webシステムを使わないシステムとは?

従来、一般的だったのは、「スタンドアロン型」や「クライアントサーバ型」のシステムです。これらは、利用する前に専用のアプリケーションをそれぞれのPCにインストールする必要があります。

スタンドアロン型はサーバなどに接続する必要がなく、ネットワークにも接続していないため、ウイルスや悪意のあるプログラムに感染するリスクが低く、高いセキュリティを担保できる点がメリットです。

クライアントサーバ型は、クライアント側の端末にアプリケーションをインストールすることでサーバとの通信量を少なくできます。そのため、回線が遅くなりにくく、細かい仕様のプログラムでも対応できるのが特徴です。

しかし、システム上のバグ修正や機能追加の場合には、利用開始時と同じようにすべてのPCにアプリケーションを再配布し、新たにセットアップする手間が発生します。Webシステムと異なり、PCそれぞれにシステムが独立していることが、デメリットにもなり得るのです。

Webシステムのメリット

Webシステムのメリットについて

Webシステムのメリットは、インターネット環境があればどこでも使えることです。PCやタブレット、スマートフォンなど幅広い端末で同時に利用できます。例えば、スマートフォンの機種変更をした場合でも、新しい端末でWebブラウザに接続すれば、旧端末と同じ状態でシステムを継続して利用することが可能です。

また、Webシステムではユーザーの各端末にデータを保持せずに、サーバ上のプログラムやデータを活用します。そのため、サーバ側のプログラムを修正するだけで機能の修正・更新が可能なため、メンテナンス性がとても高いといえるでしょう。

時間やコストを大きく削減するWebシステム

Webシステムは、サーバ側にデータやプログラムを保持しているため、利用するクライアントはWebブラウザが搭載されている機器をインターネットに接続すれば、いつでも同じ環境で利用できます。

端末や場所を選ばないため外出先などでも作業がはかどるだけでなく、導入後のメンテナンスも容易になるため、時間やコストの削減が期待できます。

まとめ

Webシステムが様々な業界に応用されることだけでなく、ビジネスにおける利益も出ます。Webシステムを把握し、事業の拡大のためにWebシステムを効果的に適用しましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード