Webシステム開発, オフショア開発, システム開発,

122 views

Webシステムの概要について

Webシステムはインターネット上で利用できるサービスやシステムのことです。ECサイトネットオークションサイトで商品を購入したり、ネットバンキングシステムで銀行口座の残高を確認したりするなど、インターネットの普及によってWebシステムは生活に不可欠なサービスとなりました。では、この記事に Webシステムの概要について 記述します。

Webシステムの概要について

Webシステムとは?

Webシステムはインターネット経由で使用できるサービスやシステムです。基本的にPCやスマートフォン、タブレットといったWebブラウザが搭載されている機器で利用することができ、WindowsAndroidiOSなどのOSを問いません。

Webシステムはサーバ上にデータが保存されており、インターネット環境さえあれば、どこからでもWebサイトにアクセスし、サービスを利用できます。サーバのキャパシティの範囲内であれば、不特定多数のユーザーによる同時アクセスが可能です。Webシステムを利用した例として多く挙げられるのが、ECサイトやネットオークションサイトです。

Webシステムの採用している分野

ECサイトはAmazonや公式ショッピングサイトなどのWebシステムを指し、お店に行くことなく、いつでも好きな商品を購入できます。ネットオークションサイトは、ユーザーが出品した商品を購入したい別のユーザーが落札するシステムです。

近隣の店舗で品切れだった商品や店舗で見つからず探していたものなども、インターネットで検索すると見つけられたり、実店舗よりも安く購入できたりする可能性があります。

振込処理、残高照会、入出金明細といった、本来は銀行で行う処理をインターネット上で完結できるネットバンキングもWebシステムの一つです。例えば、朝起きて自宅のPCで振込処理を行った後、日中に会社のPCで口座の残高照会を行い、さらに外出先で急な振り込みが発生したときにスマートフォンから振込処理を行うといったことができます。端末は違っても同じ口座に対してさまざまな処理が可能です。

また、オンラインストレージサービスはDropboxGoogleドライブなどに代表されるWebシステムで、Web上でストレージを提供しています。ユーザーはそのストレージに自分の好きな写真や文章ファイルなどのデータを保存しますが、Web上のストレージのため、保存されたデータをどの端末からでも閲覧・編集が可能です。

多くの人が利用しているFacebookTwitterといったSNSサービスも、Webシステムにあたります。いつでも自身のアカウントとフォローしているユーザーのタイムラインやツイートをチェックできるのは、Webシステムを利用しているためなのです。

まとめ

生活中にWebシステムを採用している分野が多いではないでしょうか。それと共に、Webシステム開発の役割は大きくなってきます。Webシステムの基本を把握し、Webシステムが提供する利益をお楽しみましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード