Webシステム開発, オフショア開発, システム開発,

129 views

Webシステム開発の流れと見積書

WEBシステム開発の使用予定があります時、色々な考慮しなければなりませんでしょう。「どんなフローで進むか」や、「費用の測り方は何でしょうか」など質問は出ますかもしれませんが、この記事に Webシステム開発の流れと見積書 についてご紹介します。

一般的なWebシステム開発の流れ

Webシステム開発の流れと見積書

企画・立案(要件定義、ヒアリング)

システム導入の目的や要望、計画等のヒアリングを行い、ヒヤリングを基に御社に合ったWEBシステムをご提案します。

開発プラン作成

ヒアリングに基づいてシステムの概要と開発計画を立て、完成目標を明確にします。開発するシステムの規模が大きい場合は、システムを導入していくフェーズ分けを検討、必須となる最小限の機能を決定し、全体を構成していく計画を立てます。

見積もり・契約

作成した開発プランを基に見積もり書を提出し、双方合意により契約となります。

要件定義

システムに必要な要件を定義していきます。何ができてどのような内容を管理できるべきかなど、システムの大枠の部分を固めていき、方向性を共有します。

基本設計

定義した要件を基に、基本的な部分の設計に入ります。システムの見た目のサンプルを作成し、そちらを基にシステムの全体を作成していきます。また、平行してデザインの作成にも入ります。ここでは各段階でご確認いただきながら開発を進めていきます。

詳細設計

システムの内部を設計していきます。細かい部分まで定期的に打ち合わせを行いながら設計していくので、機能の変更・改善にも素早く対応していきます。

プログラミング

これまでの基本設計、詳細設計を基に、システムのプログラムを作成します。完成したところからお客様に随時動作確認していただくこともできます。

テスト

システム開発後、テストを実施します。設計した通りに正常に機能が動作するかだけではなく、使用するお客様の立場になってチェックを行います。

納品・公開・運用

テスト完了後、システムをお客様へ納品し本番公開します。公開後も必要に応じて修正や機能の追加作業などをしていきます。

よくある見積書の項目と意味

よくある見積書の項目と意味


要件定義費用

お客様がどのような目的をもってシステムを開発したいかヒヤリングを実施し、それを基に開発するシステムのおおまかな仕様の決定やその実現方針を検討する際にかかる費用のことです。

設計費用

要件定義を基に基本的な部分の設計や、内部の細かい部分の詳細設計をするための費用です。

デザイン費用

UIのデザインにかかる費用のことで特に見た目の部分にこだわりのあるお客様の場合、別途見積もりを取ると良いでしょう。

開発費用

基本設計、詳細設計を基にシステムのプログラミングを行う際にかかる費用のことです。

テスト費用

システムがほぼほぼ完成した段階で、設計した通りに動作確認する際にかかる費用のことです。

導入費用

お客さまの環境への導入の際に初期設定等を行なう際にかかる費用のことです。

購入費用

システム開発の際に必要なサーバーやソフトウェアなどの部品の購入にかかる費用のことです。

保守費用

お客様の元へシステムを導入後にバグが発生した場合や機能の修正をするといった場合にかかる費用のことです。

まとめ

ここまで上述した質問の二つを理解できていただけますか。このような情報を把握していただけば、Webシステム開発の成功につながるではないでしょうか。

前の記事
次の記事

#関連キーワード