Webシステム開発, オフショア開発, システム開発,

132 views

Webシステム開発の種類と概要

輝かしい技術発展を遂げる時代では、Webシステム開発という言葉が耳にしたことが多いではないでしょうか。ではWebシステム開発の種類をご存じですか。この記事に Webシステム開発の種類と概要 についてご解決します。

Webシステム開発の種類と概要

CMS

CMS(コンテンツマネジメントシステム)とは、htmlなどの専門知識がない初心者でも、簡単にホームページ制作ができるように作られたソフトウェア・アプリケーションのこと。 有料・無料のものなど多数あるが、一般的にはブログやSNSなどのサービスにより認知され、2005年ごろより普及したと言われている。 CMSの構築の代表的なものにwordpressが挙げられる。

マッチングサイト

需要がある者と供給が可能な者との間を仲立ちして結びつけるサービスを提供するサイト。近年婚活サイトのようなCtoCのマッチングサイトが流行っている。

ECサイト

自社の商品やサービスをインターネット上に置いた独自運営のウェブサイトで販売するサイトのこと。構築にあたり買い物カゴや決済機能、個人情報を保護する為のセキュリティといった様々な知識が必要。基本的にECサイトは独自運営のサイトを意味するので自社サイトとも呼ばれることがある。

口コミサイト

社会人が転職を考えている時や学生がアルバイト先を探している時、家電や洋服など商品の購入を検討している時など、様々な場面で活用されるサイトのこと。口コミサイトに寄せられる情報は、個人的な主観による意見や感想が中心で、多くの意見が集まるので信頼性は高く需要が多い。

Q&Aサイト

Q&Aサービスは、質問をする側が電子掲示板でスレッド(1つの内容ごとに集められる返信のまとまりのこと。スレと略されることもある)を設ける要領でトピックを立てて、質問に対して回答できるユーザーが書き込みを行うといった形式で、不特定多数のユーザーから回答を得られるので、様々な分野や内容の質問に回答が期待できる。

SNS

Facebooktwittermixi等のWEB上のサービス。大規模な開発となれば、かなりの予算がかかる。基本的に無料で提供し、広告収入で利益を得ている。会社にSNSを取り入れて社内専用SNSとして情報を共有している会社もある。

掲示板

参加者が自由に文章などを投稿し、書き込みを連ねていくことでコミュニケーションできるWebページ。嫌がらせのために無意味な内容の投稿を連発したり、犯行予告といった「荒らし」行為が問題となっている為、様々な対策が必要。

まとめ

ここまでWebシステム開発の種類と概要について理解できていただけますか。自社の需要次第で、適当なタイプを選択しましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード