Uncategorized, Webシステム開発, オフショア開発, システム開発,

101 views

Webシステムの仕組みについて

Webシステムが様々な業界に応用されています。ECサイトやネットオークションサイトからットバンキングシステムで銀行口座まで。では、 Webシステムの仕組みについて ご存じですか。この記事にこの情報をご解決します。

Webシステムの仕組みについて

Webシステムの仕組み

Webシステムはサービス要求を行う「クライアント」、そしてクライアントからの要求に応じる「サーバ」から成り立っています。

● クライアント

クライアントは、何らかの要求をサーバへ行う側です。Webシステムを活用するユーザーのPCやスマートフォンがクライアントにあたります。物理的なPCやスマートフォンだけでなく、要求を行うソフトウェアもクライアントとなります。

● サーバ

サーバとはクライアントからの要求に応じて、名前の通りサービスを提供する側です。物理的なPCサーバだけでなく、Webサーバやデータベースサーバなど提供を行うためのソフトウェアも含みます。

クライアント側の端末から要求された内容を、サーバ側からデータとして応答することで、クライアントのPCやスマートフォンにページが表示されます。

● クライアントサーバシステムとの違い

Webシステムは、クライアントサーバシステムと仕組みが似ています。両者の違いは、プログラムが処理されている場所です。Webシステムの場合は、クライアント側でデータやプログラムを保持せずに、サーバ上で一括してプログラムが処理されます。しかし、クライアントサーバシステムでは、クライアント側でクライアント特有のデータやプログラムを保持しているため、クライアント端末上でプログラムが処理されます。

スマートフォンのアプリケーションには、クライアントサーバシステムで構築されているものが多く存在します。機種変更の際に、以前の端末で利用していたスマートフォンアプリを再インストールしても初期の状態に戻ってしまうのは、クライアントサーバシステムを利用しているためです。継続利用する際には旧端末から新端末へデータを移行する必要があります。

Webシステムでできること

クライアントとサーバで稼働するWebシステムにできることは何でしょうか。

Webシステムでは、データベースサーバを活用することで、大量のデータを保持・活用することが可能です。例えば、このデータベースを活用して勤怠管理システム、在庫管理システム、生産管理システムなど容量の大きなデータを複雑に管理するシステムの制作ができます。

また、Webシステムは多機能なECサイトの制作も可能にします。例えば会員制ECサイトで購入した商品履歴の閲覧機能、色や費用、メーカーから絞りこめる商品検索機能、在庫の確認、商品を検討リストとして管理できる買い物カゴの設定、ポイント利用の有無など、多くの機能をWebシステムで実現可能です。

まとめ

ここまでWebシステムの仕組みを理解いただけますか。Webシステムを効果的に活用して毎日の生活をより便利に、ビジネスをより効率的に改善しましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード