人工知能,

191 views

人工知能の起源・ユースケース

人工知能(AI)は、動的なコンピューティング環境に組み込まれたアルゴリズムの作成と利用を通じて、人間の知能による情報処理を模倣するための基盤です。簡単に言えば、AIはコンピュータに人間のように考え、行動させることを試みています。今回は 人工知能の起源・ユースケース について紹介します。

人工知能の起源

人間は、少なくとも紀元前1世紀から、人間の脳を模倣する機械を作るという可能性に関心を持っていました。そして現代になって、1955年にJohn McCarthy氏によって人工知能という言葉が作られました。1956年、McCarthy氏と協力者たちは、「Dartmouth Summer Research Project on Artificial Intelligence」と題した会議を開催しました。この会議をきっかけとして、機械学習、ディープ ラーニング、予測分析が開発が始まり、現在は処方的分析が注目されています。また、まったく新しい研究分野であるデータ サイエンスも生み出されました。

人工知能が重要である理由

現在、人間と機械の両方で生成されるデータの量は膨大です。データを使用して解釈し、デー

タをもとに複雑な判断を下すには、人間の能力をはるかに超えています。人工知能はすべてのコンピュータ学習の基盤となる技術であり、将来的には複雑な意思決定をすべて担うと考えられます。例を挙げると、ほとんどの人は、○×ゲーム(三目並べ)に負けないための方法を理解できます。このタイプのゲームでは、255,168通りの手があって、そのうち46,080通りは引き分けになります。一方、500 x 1,018(5垓)通りを超える手があるチェッカー(西洋碁)のチャンピオンになれる人はごくわずかです。コンピュータは、組み合わせと順列を非常に効率的に計算し、最良の判断を下すことができます。将来的には、AI(と機械学習の論理的な進化)およびディープ ラーニングが、ビジネス上の意思決定の基盤を担うことになるでしょう。

人工知能のユースケース

AIの応用例は、金融サービスの不正検出、小売の購入予測、オンライン カスタマー サポートでの会話など、日常的なシナリオの中にも見られます。次にいくつかの例を紹介します。

不正の検出

不正の検出

クレジット カード用アプリケーションでは、最初のスコアリングにAIを使用して、信用力を評価しています。また、不正な支払いカード取引をリアルタイムで監視、検出するために、より高度なAIエンジンが使用されています。

仮想顧客支援(VCA)

顧客支援

コール センターでは、VCAを使用して、人間が介在せずにお客様からの問い合わせの対応などを行っています。カスタマー サービスの問い合わせでは、音声認識と、人の会話のシミュレーションを組み合わせて、初期対応を行っています。問い合わせが高レベルになると、人間に取り次がれます。

Webページに埋め込まれたチャット(チャットボット)を使用して会話するときも、最初は専用AIを実行しているコンピュータとやり取りしているということが珍しくありません。チャットボットが対応できなかった場合は、人間が介入し、質問者と直接会話します。解釈できなかった事例は、機械学習コンピューティング システムに反映され、将来の会話に向けてAIアプリケーションの改善が図られます。

まとめ

人工知能は社会発展におけるあらゆるの分野に今まで無かった新たな価値を生み出すことができます。人工知能の存在により、私たちの生活はさらに便利で豊かになると期待されています。そのため、今後も研究者は人工知能に取り組んでいることを活発に進めていきます。

前の記事
次の記事

#関連キーワード