DX,

104 views

DXは脚光を浴びる理由

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは2004年、ウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が提唱した、「われわれ人間の生活に何らかの影響を与え、進化し続けるテクノロジーであり、その結果、人々の生活をより良い方向に変化させる」という概念です。15年前使われていましたが、最近再び、注目を集めています。では DXは脚光を浴びる理由 について把握しましょう。

DXが再び脚光を浴びている3つの理由

消費者の消費活動の変化

1つ目の理由は、経済産業省が指摘しているように、既存のレガシーシステムの延長では企業の成長に限界が見えているからです。既存のシステムは、いくら使い慣れても、そのままの機能を使い続けるにしてもメンテナンス費の負担が続き、大きなコストをかけなくてはなりません。一方で、クラウドやIoTなどのデジタル技術は急速に進化しており、自社にすべてを持つことなく、比較的安価にシステムが構築できる環境になっています。

2つ目の理由は、消費者の消費活動の変化です。「モノ」から「コト」、そして「所有」から「共有」へと、消費者の気持ちの重きが変わっています。単に「モノ」を売るのではなく、「コト」を提供することにシフトするためには、当然、企業としてのビジネスモデルを変える必要があり、情報システムの見直しも必要となります。

そして3つ目の理由は、すでにいろいろな分野でデジタル化による変革は起きていて、それに対抗するための有効な手段がDXによる施策だということです。デジタル技術によって既存のサービスやビジネスモデルが破壊・再構築されることを「デジタルディスラプション」と呼びますが、デジタルディスラプションは主には新規参入者によってもたらされます。例えば、米ウーバーテクノロジーズは一般のドライバーをタクシーサービスに登用することでタクシー業界にデジタルディスラプションを起こしました。米エアビーアンドビーは一般家庭の空き部屋を旅行者に開放することでホテル業界にデジタルディスラプションを起こしました。

クラウド、AI、5G――DXを支える新しいテクノロジー

では、具体的にDXを実現するためには、どのような技術を利用すればよいのでしょう。以下に、DXを支える技術について解説します。

クラウド

DXを支える新しいテクノロジー

デジタル化のすべての礎となるのはデータです。DX実現のためには、膨大なデータが必要となります。DXにおいて、データは増えることがあっても減ることはありません。これらのデータをすべてオンプレミス型のシステムで収集するのは不可能で、クラウドサービスの使用が前提となります。クラウドサービスであれば、初期費用もランニングコストも低額で抑えられるとともに、メンテナンスなどもサービス業者に任せることが可能です。

IoT

DXはデータを収集し、そしてそのデータの中から価値を見出すのが基本です。データが宝の山となるわけですが、データの収集を人手だけに頼るのは限界があります。そこでIoTの出番です。様々なモノをインターネットにつなぎ、具体的にはセンシング技術を利用してモノのデータを大量に蓄積すれば、そこから新たな発見があるはずです。

AI

データが宝の山と述べましたが、いくらデータを大量に収集できたとしても、それらのデータを活用しなければ意味がありません。分析して、業務に生かしてこそ、データが生きるのです。そして、大量のデータを分析できるのがAIです。データから知恵を生み出すツールとしてAIを利用します。AI自らがデータを学習し、自律的に答えを導き出すディープラーニングなどが発達することで、AIの応用範囲はますます広がっていくでしょう。

5G

既存のネットワークと比較して、「高速性」「低遅延」「多端末接続」などを特徴に持つ5G。これまで挙げてきた「クラウド」「IoT」「AI」の各技術は、ネットワーク基盤を前提としています。5Gは、これらDXを実現するためのキー技術の性能を総じて底上げするものであり、5Gの実用化がDXを次世代に変化させることになるかもしれません。

今後も、自動車や金融、ヘルスケア(医療)、製造、小売など各業種でDXの取り組みは進み、様々な改革が行われ、そして社会が変わっていくでしょう。その波に乗り遅れないためにも、覚悟を持ってDXへ取り組むことが求められています。

前の記事
次の記事

#関連キーワード