セールスフォース,

284 views

SFAツールを選ぶポイント

SFAは現在、さまざまな製品が市場に登場しています。基本的な機能は共通していますが、細かな点になるとかなりの違いがあり、使い勝手も異なります。迷うのも無理のないところですが、次のような点に注意して選択するといいでしょう。では、 SFAツールを選ぶポイント について読みにいきましょう。

SFAツールを選ぶポイント

SFAツールを選ぶポイントは?

導入事例は多いほどいい

多くの企業で使われている製品は、それだけ支持を集めており、信頼できると考えられます。また、多くの事例が蓄積されていますから、細かい機能や使いやすさという点で、多くの改善がなされていることも期待できます。ユーザー同士のコミュニティもある程度の規模で構築されているでしょうし、そこでの情報交換も大いに役立つでしょう。

また、自社と同業、同程度の規模の企業の導入事例が多数あれば、それを参考に、スムーズな導入と運用が可能です。

サポート体制をチェックする

困ったときのカスタマーサポートは、ユーザーにとって心強いもの。SFAは、企業の基幹システムにもなりうるものなので、万一の際に、きちんとしたサポート体制が整っているかどうかは重要です。 また、SFAは導入や運用にあたり、ワークフローの変更や従業員の意識改革など、社内的な変化を伴い、抵抗も起こりがちです。そんなときにどのように対処すればいいのか、ベンダーがセミナーや研修会で道筋を示してくれれば、使う側も安心でしょう。

SFAは、それ自体の機能や性能はもちろんのこと、導入とその後の運用がとても重要です。スムーズに導入でき、存分に活用できるサポート体制がベンダー側にあるかどうかは、製品選択の際の大きなチェックポイントといえます。

拡張性やセキュリティは十分か

SFAは導入する企業によって、使い方が少しずつ違ってきます。企業によっては、独自の業務プロセスが強みになっていることもありますから、自社の使い方に合わせてカスタマイズできることが必要となります。既存の自社データベースとのリンク、システムとの連携など、どこまでの拡張性があるかはしっかり確認すべきです。

また、SFAが扱う顧客情報は、企業にとって第一に守らなくてはならない情報です。それだけに、外部からの攻撃や内部からの漏洩に対するセキュリティは十分かということも、入念にチェックしておきましょう。

全社がSFAを理解し活用すれば、大きな効果を得られる

SFAは、導入するだけで売上が上がる「魔法のツール」ではありません。環境を整えてスムーズに導入し、その機能を活かした運用ができれば、営業部門だけでなく、企業全体に大きなプラスをもたらします。しかし、そのためには、経営陣から現場のメンバーに至るまで、SFAとは何か、それによって何が変わり、どのような利益が生まれるのかを十分に理解することが必要です。

その上で、自社の環境にフィットした形でSFAを使いこなせば、単なる売上向上よりも大きな効果を、SFAによって得られることでしょう。

まとめ

これらのSFAに関する記事を通じて、SFAの基礎知識SFAの導入の注意点を把握いただけましたか。自社の営業にSFAを採用してみましょうか。

前の記事
次の記事

#関連キーワード