セールスフォース,

528 views

セールスフォースの基本用語解説(1)

セールスフォースでは、説明せずに理解ができない用語が多数ありますかもしれません。今回は、セールスフォースを利用していくにあたって、説明が必要な用語について分かりやすく説明していきます。では、 セールスフォースの基本用語解説(1) を見ていきましょう。

セールスフォースの基本用語解説(1)

1.主な製品

SalesforceはクラウドベースのCRM・顧客管理SFA・営業支援 サービスです。

このサービスを構成する主要な製品としてSales Cloud, Service Cloud, Chatter, Force.comがあります。

それぞれの概要はつぎのとおりです。

Sales Cloud

商品およびサービスの販売、顧客管理(関係を管理)、商談管理(成立支援)をサポートします。

Service Cloud

顧客サポートや問い合わせ管理、サービスコストの効率化をサポートします。

Chatter

会社の同僚、顧客、パートナー会社とのコミュニケーションツールとして各種情報共有をサポートします。

Force.com

Salesforceから営業支援 ・顧客サポート ツールとしての機能(Sales CloudおよびService Cloud)を除いた基本部分のことをForce.com(またはForce.comプラットホーム)とよばれています。

「オブジェクト」の定義と「レコード」の登録・変更・履歴管理がForce.comの主な機能です。

これらの4つのいずれかまたはすべてを組み合わせて利用者をとりまくさまざまなデータを管理することがSalesforceの基本的なコンセプトです。

2.オブジェクトとレコード

Salesforceで使われるキーワードのうちオブジェクトとレコードについて説明します。

オブジェクトとは?

「オブジェクト」とは情報の塊を1つの型として定義したものです。

たとえば取引先といったときそれを表す情報にはどういったものがあるでしょうか。「取引先名」、「連絡先電話番号」、「取引先の責任者」、「事務所の所在地」などが考えられます。

このような「取引先」を表すための情報の構成要素をあらかじめ金型の「型」のように決めたものを「オブジェクト」と呼びます。

「オブジェクト」には「取引先」のほか、「商談」「活動」「ケース」など営業支援ツールとして思いつくものから「ドキュメント」「アイデア」「ユーザ」などシ ステム上利用するさまざまな情報があらかじめ用意されています。また、業務に合わせて独自に「オブジェクト」を作成もできます。(カスタムオブジェクト)

「オブジェクト」を構成するそれぞれの要素を「項目」と呼びます。

「項目」は「取引先名」など項目の画面上の名称である「項目名の表示ラベル」と、実際にシステム上で利用される「Name」などの「項目名」、その値が文字列から構成されるか数字のみで構成されるかなどを表す「データ型」という情報から構成されます。

レコードとは?

ここまで「型」に注目しましたが、「型」に入れられる情報自体はなんと呼ばれているのでしょうか。

型に流し込まれた情報1つ(項目一式)を、Salesforceでは「レコード」と呼びます。

「オブジェクト」が金型だとすると、「レコード」は金型から鋳造した実際の製品ということになります。そして、「レコード」が複数あるときにそれぞれを「●件」という単位で呼びます。

「●☓総研」「△□コーポレーション」という2つの取引先の情報がある場合、「取引先オブジェクトのレコードが2件ある」といった表現になります。

まとめ

以上はセールスフォースの基本用語のパート1が述べられました。次のパートを読み、もっと用語をお勉強になりましょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード