ニュース,

55 views

感染拡大を抑えるために在宅勤務の導入

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せていないなか、政府は感染防止の対策として全国の学校が臨時休校になることをしています。その深刻な状況で 大手日本企業は 感染拡大を抑えるために在宅勤務の導入 を進め始めています。

在宅勤務の導入

大手の化粧品メーカである資生堂は2月26日から本社に勤務するグループ従業員の内、社長や役員も含めた8000人を原則在宅勤務としています。工場で働生産担当者や百店などに勤務する美容全員は出勤しますが、引き続き客にメイクをするなどの肌に触れるサービスは自粛するということです。資生堂は在宅勤務の期間を3月の6日までとしていますが、感染の状況によって、柔軟に検討するということです。

ホンダは2月27日、国内でも新型コロナウイルスの感染が拡大しているのを受けて2月28日から3月13日まで、東京地区オフィスで働く従業員約2000人を原則、在宅勤務とすることを決めました。

新型コロナウイルスに感染するのは相次いで、確認されている中、在宅勤務は一体どんなメリットを持っているでしょうか。

まずは、在宅勤務とは、会社のオフィスに出勤をせずに、自宅を就業場所として働く勤務形態のことをいいます。外出を控えるのは他人に接触する機会を減らして、感染拡大を抑制すると考えています。

さらに、臨時休校が子供を持つ保護者を悩ませる声も上がっています。会社で仕事をしながら、子供の面倒をみるのはできないので、休まざるを得ないことが少なくありません。そのような問題を解決するために、子供を連れて会社に出勤する方針を示す企業が出ていますが、それは仕事の邪魔になると考えられます。そのため、在宅勤務はウイルス感染を防ぐではなく、子供が自宅に留まることによって発生すると考えられる問題を避けるではないかと思います。

もちろん、コミュニケーション不足や通信の低速度といったリスクが発生する可能ですが、現在の状況では、人間の命を第一に考えなければなりません。新型コロナウイルスの戦いに対して、勝利を収めるには、政府・企業、すべての国民の力が必要になるでしょう。

前の記事
次の記事

#関連キーワード