Uncategorized, ニュース,

35 views

Windows 10プレビュー版で、Subsystem for Linuxをエクスプローラーに統合

米Microsoftは4月8日 (現地時間)、「Windows 10 Insider Preview Build 19603」をWindows InsidersのFastリングにリリースしました。 Windows 10プレビュー版で、Subsystem for Linuxをエクスプローラーに統合 することになりました。これから、より簡単にLinuxファイルにアクセスできます。

Windows 10プレビュー版で、Subsystem for Linuxをエクスプローラーに統合

Windows Subsystem for Linux (WSL)をインストールしていたらビルド19603ではエクスプローラーの左サイドバーに「Linux」アイコンが表示されます。Windows 10ではバージョン1903からLinuxファイルにアクセスできるようになっていたが、エクスプローラーへのWSL統合によって、サイドバーのLinuxを選択するだけで導入したディストリビューションのルートファイルシステムに移動できます。

記憶域の設定に、ディスクをクリーンアップして空き領域を作ることをサポートする機能が追加された。使用していないファイルやアプリなどを「Cleanup recommendations」として1カ所にまとめて表示します。確認後、簡単な作業でファイルの削除、アプリのアンインストール、クラウドへの同期とローカルファイルの削除などを行えるようにします。

「Raw Image Extension」のInsiders向けのバージョン (1.0.307610.0)がキヤノンのCR3 Raw形式をサポートします。Microsoft Storeで配布されているRaw Image Extensionをインストールしていたら、Insiderはエクステンションを開発版にアップデートできます。なお、CR3と共に多くのユーザーが要望していたもう1つのRaw形式、GoPro Raw (.GPR)のサポートは含まれません。

Microsoft News Bar (Beta)

また、「Microsoft News Bar (Beta)」を正式に発表しました。Microsoft Storeの「News Bar (Beta)」からアプリを入手してベータプログラムに参加できます。News Bar (Beta)は、4,500以上のパブリッシャーから成るグローバル規模のMicrosoft Newsネットワークの最新ニュースを画面上に継続的に流すアプリです。カーソルをホバリングさせたり、選択することでニュース記事にアクセスできます。まずはニュースと株価から配信を開始し、次にスポーツと天気を追加する計画です。アプリは、配置のカスタマイズ、バックグラウンド色の変更、ダークテーマ/ライトテーマの切り替え、ティッカー表示のような最小化などが可能します。

前の記事
次の記事

#関連キーワード