ニュース,

44 views

AI清掃ロボット Whiz と“清潔度”診断サービス

4月15日 、ソフトバンクロボティクスAI清掃ロボット Whiz と“清潔度”診断サービス を無償で提供すると発表しました。新型コロナウイルスの感染は収束の兆しがまだ見えていない中、営業を続ける施設の清掃業務を支援します。

Whizは、カーペットなどの床を清掃するロボット。自動運転技術「BrainOS」を活用し、障害物を回避しながら自律走行できます。施設清潔度診断サービスでは、空気の清浄度を分析し、床などの清掃具合を把握できます。それらのデータを数値化することで、掃除するべき場所を正確にできるというのです。2つを組み合わせて清掃計画を立てることで、清掃員の負担を軽くする目的としていますす。

AI清掃ロボット Whiz と“清潔度”診断サービス


提供対象は、生活インフラとされる医療施設、介護施設、官公庁、金融機関、小売店、公共交通機関、工場、物流など。提供期間は4月15日から6月30日までとしています。医療崩壊の懸念が高まっている中、清掃ロボットと施設清潔度診断サービスの効果が期待されています。

前の記事

#関連キーワード