セールスフォースの基本用語解説(2)

--> セールスフォースの基本用語解説(2)

前回はセールスフォースの基本用語解説のパート1をご紹介しました。今度、他のキーワードをご説明します。では、 セールスフォースの基本用語解説(2) を見にいきましょう。

セールスフォースの基本用語解説(2)

3.オブジェクトの種類

標準で用意されたオブジェクトの種類にはどんなものがあるのでしょうか。それぞれをみていきます。

リード

自社の顧客になっていなくても会社の商品やサービスに興味をもっている個人、団体、企業を表します。

リードの情報はファイルからインポート機能を使って一括で登録したり画面から入力したり、外部ソース(ウェブフォーム、外部システムなど)から登録されたりすることでSalesforce内に取り込まれます。

商談

収益をもたらす商談または営業イベントのことです。

Salesforce内で追跡する必要のあるものは、リードにマーケティング活動を行い商談に発展したもの、新しく取引先との間に発生したものなどが挙げられます。商談は作成してから、それが成約したか、失注(不成立)になったかどうかの情報も含まれます。

これらを両方追跡することで過去にどのようなものが成立したかまたは失注したかを知ることができます。

取引先

自社との間で何らかの関係が成立している団体、個人、企業のことです。顧客企業、競合企業、パートナー企業すべてが含まれます。

売上予測

四半期に見込まれる収益の推定値または販売が可能なサービス・商品の数量を推定したものです。

取引先責任者

取引、商談に直接関係のある、連絡先、個人、またはインフルエンサー(インターネットなどで一定の影響力をもつ発言を行うキーパーソン)です。

ケース

顧客から収集した問題点、質問、フィードバックなどを詳しく説明したものです。「Web-to-ケース」「メール-to-ケース」という機能を使えば自社のウェブサイトや メールから ケースを自動的に取得できます。もちろん手動でケースを作成することも可能です。

ソリューション

顧客の問題および解決方法を詳しく説明したものです。ソリューションが蓄積されると、過去事例をもとに今起こっている問題の解決をすすめることができます。

ダッシュボード

企業統計値や主だったパフォーマンス指標をリアルタイムまたはある時点のスナップショットとして確認できます。

ダッシュボードは レポート機能により作成された情報を図やグラフの集まりで構成されます。

活動

TODOまたは予定されたカレンダーイベントです。キャンペーン・取引先・取引先責任者・リードなどに関する活動を一元的に定義して追跡できます。

商品

自社の商品・サービスおよび、見積に基づいて販売した商品・サービスの品目のことです。

レポート

Read more
セールスフォースの基本用語解説(1)

--> セールスフォースの基本用語解説(1)

セールスフォースでは、説明せずに理解ができない用語が多数ありますかもしれません。今回は、セールスフォースを利用していくにあたって、説明が必要な用語について分かりやすく説明していきます。では、 セールスフォースの基本用語解説(1) を見ていきましょう。

セールスフォースの基本用語解説(1)

1.主な製品

SalesforceはクラウドベースのCRM・顧客管理SFA・営業支援 サービスです。

このサービスを構成する主要な製品としてSales Cloud, Service Cloud, Chatter, Force.comがあります。

それぞれの概要はつぎのとおりです。

Sales Cloud

商品およびサービスの販売、顧客管理(関係を管理)、商談管理(成立支援)をサポートします。

Service Cloud

顧客サポートや問い合わせ管理、サービスコストの効率化をサポートします。

Chatter

会社の同僚、顧客、パートナー会社とのコミュニケーションツールとして各種情報共有をサポートします。

Force.com

Salesforceから営業支援 ・顧客サポート ツールとしての機能(Sales CloudおよびService Cloud)を除いた基本部分のことをForce.com(またはForce.comプラットホーム)とよばれています。

「オブジェクト」の定義と「レコード」の登録・変更・履歴管理がForce.comの主な機能です。

これらの4つのいずれかまたはすべてを組み合わせて利用者をとりまくさまざまなデータを管理することがSalesforceの基本的なコンセプトです。

2.オブジェクトとレコード

Salesforceで使われるキーワードのうちオブジェクトとレコードについて説明します。

オブジェクトとは?

Read more
管理者がSalesforce組織に設定しておくと便利なこと

--> 管理者がSalesforce組織に設定しておくと便利なこと

前回は、利用者の設定変更のみでSalesforceモバイルアプリを便利にする方法を紹介しました。今度は、管理者が組織の設定を変更することで、Salesforceモバイルアプリがさらに使いやすくなる方法をご紹介します。つまり、 管理者がSalesforce組織に設定しておくと便利なこと についてご解決します。

管理者がSalesforce組織に設定しておくと便利なこと

1. よく使うアクションはアクションバーの最初の3つに移動する

Salesforceモバイルアプリの「アクション」は初期状態で利用していると「投稿」や「新規メモ」などが一番左に並んでいますが、「編集」や「新規行動」の登録がしたいですよね。

そんな時は、Lightning Experienceのアクションを編集し、「編集」や「新規行動」を最初の3つのどれかに移動させます。

編集方法

1. 対象のオブジェクトのページレイアウトの編集を選択

2.「SalesforceモバイルおよびLightning Experienceのアクション」のセクションまで移動

3. 先頭に表示させたいアクションを左上に移動

自社で利用しているカスタムアクションは前面に出すことをオススメします。

2. Lightningコンポーネントを配置して使いやすくする

Winter’20からモバイルのレコードページにおいても、Lightningコンポーネントが配置できるようになりました。

レコードページには、

– 標準のLightningコンポーネント

– 自社で作成したLightningコンポーネント

– サードパーティのLightningコンポーネント

などが配置できます。

標準オブジェクトのページを確認すると「パス」等が配置されリッチなUIになっていることが確認できます。しかし、カスタムオブジェクトのページはこれまでと同様シンプルな画面。モバイル利用しているカスタムオブジェクトのレコードページにも、Lightningコンポーネントを配置して操作体験を向上させるのはいかがでしょうか?

たとえば休暇を申請する際に、今後のスケジュールを確認しながら休暇を申請できる画面を作れば、ページの往復が必要なくなり、操作時間の短縮が見込めます。

終わりの言葉

ではこれらのコーツが有益でしょうか。自社のビジネスにこれらのコーツを使用してみましょうか。
Read more

Salesforceのモバイルアプリ使うなら知っておくべき5つの機能

--> Salesforceのモバイルアプリ使うなら知っておくべき5つの機能

SalesforceのWinter ’20でモバイルアプリが新しくなり、UIも大きく刷新されました。デスクトップと同レベルの操作が可能になったので、「改めてSalesforceモバイルアプリを使ってみよう!」という方も多いのではないかと思います。今回、 Salesforceのモバイルアプリ使うなら知っておくべき5つの機能 を紹介します。

Salesforceのモバイルアプリ使うなら知っておくべき5つの機能

1. タブバーを並び変えて使いやすくする方法

タブバーとはSalesforceモバイルアプリの下にある、Chatterや商談などの項目が配置されているパーツです。Salesforceモバイルアプリではこのタブバーに表示されている項目を変更できます。変更には、アプリケーションランチャーのアプリケーションの項目を変更します。

編集方法

1. アプリケーションランチャーから目的のアプリケーションを開く

2. 表示されたページの右上にある鉛筆ボタンをクリックする

3. ナビゲーション項目の並べ替えを行う

ナビゲーション項目の上位4つはSalesforceアプリのタブバーに表示されますので、素早くアクセスしたい項目を上位にしておくことをオススメします。

営業の方であれば、商談や取引先などを上に移動して、移動中でも素早くアクセスできるようにしておくとスムーズでしょう。

* 2019年12月時点でモバイルのタブバーの並べ替えはパイロット機能であり、使用できない組織もあります。

2. 素早くアクションバーの項目を選択する方法

アクションバーとはレコードページで「レコードの編集」「Chatter投稿」等のアクションを行う機能。商談のレコードページなどを開くと、上の方に「投稿」「ファイル」などのボタンが表示されます。

このメニューの並び順は一般ユーザーには変更できません。ちょっと不便に感じますよね。しかし、長押し機能*を利用すると非表示のメニューにも素早くアクセスできます。

文字では表現しづらいですが「ナビゲーション項目」を長押し(もしくは強クリック)をすると他のアクションを素早く選択できます。

これなら非表示にされているメニューにもすぐにアクセスできますね。

* iPhoneで動作を確認しています。

3. Siriと連携して一瞬でページを表示する方法

iOSユーザー限定ですが、音声アシスタント「Siri」と連携してSalesforceモバイルアプリを操作できます。

Siriにはショートカットアプリに登録した任意のアプリを呼び出す機能があり、SalesforceモバイルアプリはSiriのショートカットに対応しています。ショートカットアプリを開いて、「アクションを追加」からSalesforceを選ぶと「取引先を表示」「商談を表示」などが表示され、利用可能です。

「取引先を表示」をショートカットに登録すれば

「ヘイSiri、取引先を表示して!」

のように音声で操作できます。… Read more


セールスフォースが選ばれる5つの理由

セールスフォースが選ばれる5つの理由

お客様により良いサービスや商品を提供し、顧客満足度を高めることをお悩みになりますか。この悩みの解答は以下に書いたかもしれません。世界で最も利用されているクラウド型顧客管理・営業支援アプリケーション「Salesforce(セールスフォース)」はサーバーなどの構築不要で、インターネットさえ繋がっていれば、いつでもどこでも使用することができます。では、この記事に セールスフォースが選ばれる5つの理由 をご紹介します。

セールスフォースが選ばれる5つの理由

1.使いやすさ

Salesforceの使いやすさは、日常利用しているWebサイトと同じ。どこからでもログインでき、顧客データの参照や更新を行って、同僚と協力して作業を進める‐これをいつでも行うことができます。

立ち上げに時間を要さず、事務所じゃなくても入力・閲覧が可能なため、その大きな効果を直ぐにビジネスに発揮することができます。

2.簡易な設定

設定に時間を要さず、GmailやOutlookから既存のデータをインポートしたり、XLS/CSVファイルのアップロードが容易にできます。

今お使いのシステムからの移行や、複数のファイルで管理していたものをセールスフォースに集約することが可能です。

3.クリックでできるカスタマイズ

本当に簡単です!マウスをクリックするだけで、ワークフローの変更、ファイルの追加、営業プロセスの作成ができます。その結果、いままでに経験したことのない高い生産性と自動化が実現します。

使いながらお客様の会社にあったシステムへ成長させることが可能です。

4.ソフトウェアに煩わされない

ソフトウェアの購入、インストール、アップグレードの必要はありません。クラウド型のアプリケーションであれば、アップグレードは自動で行われるため、常に最新のバージョンをお使いいただけます。さらに、いくらアップグレードを繰り返しても、お客様によるカスタマイズ設定が無効になることはありません。

5.信頼のセキュリティ

セールスフォース・ドットコム社では、物理的セキュリティ、データの暗号化、ユーザ認証、アプリケーションセキュリティやその他の技術により、お客様のデータの安全を確保しています。最新のファイアウォール、侵入検知システム、および独自のセキュリティ製品を使用して、世界に誇る高セキュリティ環境で安心をお届けします。

まとめ

セールスフォースの使用はデータの管理や顧客の満足度の増加に役立ちます。自社のビジネスにセールスフォースを採用してみましょうか。
Read more

セールスフォースで代表的な3つのサービス

セールスフォースで代表的な3つのサービス

セールスフォースといえばCRM(Customer Relationship Management)というイメージがあります。しかし、セールスフォースは成長を続けており、ポートフォリオを拡大しています。それは、お客様が実現したいことに対し、さまざまなポートフォリオで課題を解決していく「ビジョンセリング」というコンセプトに基づいています。ここでは、現在の セールスフォースで代表的な3つのサービス について紹介します。

セールスフォースで代表的な3つのサービス

業務アプリ開発のための「Force.com」

主に企業のIT部門がビジネスアプリケーションを開発し、運用するためのクラウド型プラットフォームが「Force.com」です。統合されたツールとアプリケーションサービスのセットとなっており、Database.com上で稼働します。言わば、SaaS(クラウド型アプリケーション)を開発するためのPaaS(クラウド型プラットフォーム)であるといえます。クラウドサービスのため、企業内にハードウェアやソフトウェアを用意することなく、すぐに利用を開始できることが特長です。

導入コストを大幅に抑え、安価な月額料金で利用できるため、従来の半分のコストでビジネスアプリケーション開発が可能になります。また、「Appforce」「Siteforce」「ISVforce」「vmforce」といったツール類によって、開発の工数を大幅に削減します。特に「Appforce」ではアプリケーション構築の8割をクリックのみで行うことができ、コーディング作業を2割に抑えることができます。これにより、従来の5倍のスピードでアプリケーション開発を行えます。現在では、100,000の企業がForce.comを採用し、220,000本のアプリケーションが運用されています。

Webアプリ開発に適した「Heroku」

Webアプリケーションの開発には、「Heroku」が有効です。「Force.com」と同様にクラウド環境でアプリケーションを開発、導入、運用するためのPaaSであり、コストを大幅に抑えて導入、運用できることが特長です。クラウドサービスのため、サーバの容量を気にすることなくアプリケーション開発に専念でき、またオープンなプラットフォームなので標準的な技術を利用できます。特に、要件が刻々と変わるようなケースでも素早く対応できるため、アジャイル開発にも最適です。もちろん、アプリケーションの利用者が急増したときに、すぐに拡張して対応することが可能です。

また「Heroku」の特長として「容易なデプロイ」「幅広い開発環境への対応」「アプリケーションのモニタリング」が挙げられます。デプロイはシンプルなコマンドをひとつ実行するだけでよく、必要なソフトウェアインフラの検出やインストール、設定は「Heroku」が自動的に行い、アプリケーションの稼働も管理します。開発環境では、Java、Ruby、Python、Node.js、Clojure、Scalaをはじめとするあらゆるプログラミング言語をサポートしています。さらにモニタリング機能では、一元化されたログ・モニタリング機能によって、デプロイしたアプリケーションの状態を完全に把握できます。

マーケティング基盤「Marketing Cloud」

高まるマーケティングニーズに応えるのが「Marketing Cloud」で、セールスフォースの大きな柱のひとつとなっています。「Marketing Cloud」は、マーケティングに必要な機能をクラウドサービスとして提供するもので、その内容は多岐にわたっています。その中心となるのが、One to Oneマーケティングを実現する「Journey Builder」です。これにより、顧客に対して適切なメッセージを、最適なタイミングとチャンネルで提供できます。

具体的なマーケティング施策は、メール、モバイル、ソーシャルメディア、Webなどを介して行うことができ、それぞれに最適化されたマーケティングツールが用意されています。もちろん、これらを組み合わせたクロスチャネルマーケティングも可能になっています。それぞれ効果測定機能も搭載されているので、顧客ごとのマーケティング施策の最適化ができ、結果として企業のマーケティング施策全体において効率化とコストの最適化を実現します。

終わりの言葉

では、自社のビジネスに適当なサービスを選択し、セールスフォースのサービスを採用してみましょうか。
Read more

Salesforce(セールスフォース)の導入事例

Salesforce(セールスフォース)の導入事例

Salesforce(セールスフォース)は世界中で10万社以上に使用されると言われます。企業はどうやってSalesforceを実際に導入していか。では、 Salesforce(セールスフォース)の導入事例 について紹介します。それぞれ、導入前の課題、導入後の効果について簡単にまとめています。

Salesforce(セールスフォース)の導入事例

陣屋(老舗温泉旅館)

会社名陣屋

業種:サービス業

事業内容:旅館・レストラン・ブライダルの運営

課題:手書きの宿泊台帳利用で顧客管理が困難

昔ながらの方法である手書きによる予約台帳で顧客管理していたため、情報共有が難しく、予約が重複することがあった。インターネット予約への反映にも時間がかかり、アナログ管理に限界を感じていた。

効果:予約状況をリアルタイムで全員に共有可能

旅館運営に必要な機能をすべてSalesforce上に開発した後は、予約状況を全従業員でリアルタイムに共有できた。ホームページの予約サイトと連携も可能となり、さらにソーシャルメディアを活用した次の段階へ突入が可能に。

BEAMS

会社名ビームス

業種:小売業

事業内容:ビームス・レイ ビームスのショップ経営、ならびにオリジナルウエアの製造・販売など

課題:お客さまの購入動向が把握できない

一人ひとりのお客さまの購入動向が把握できないため、感性に頼りきった提案が続いていた。時代やお客さまの価値観が変化する中、ライフスタイルに合わせた提案ができなかった。

効果:One to Oneマーケティングが実現

Marketing Cloudを導入したことで、蓄積された購入データから詳細の分析が可能に。

One to Oneマーケティングが可能になったことで、時代に合致したブランドの提案につながった。

HITACHI

Read more
SFAツールを選ぶポイント

SFAツールを選ぶポイント

SFAは現在、さまざまな製品が市場に登場しています。基本的な機能は共通していますが、細かな点になるとかなりの違いがあり、使い勝手も異なります。迷うのも無理のないところですが、次のような点に注意して選択するといいでしょう。では、 SFAツールを選ぶポイント について読みにいきましょう。

SFAツールを選ぶポイント

SFAツールを選ぶポイントは?

導入事例は多いほどいい

多くの企業で使われている製品は、それだけ支持を集めており、信頼できると考えられます。また、多くの事例が蓄積されていますから、細かい機能や使いやすさという点で、多くの改善がなされていることも期待できます。ユーザー同士のコミュニティもある程度の規模で構築されているでしょうし、そこでの情報交換も大いに役立つでしょう。

また、自社と同業、同程度の規模の企業の導入事例が多数あれば、それを参考に、スムーズな導入と運用が可能です。

サポート体制をチェックする

困ったときのカスタマーサポートは、ユーザーにとって心強いもの。SFAは、企業の基幹システムにもなりうるものなので、万一の際に、きちんとしたサポート体制が整っているかどうかは重要です。 また、SFAは導入や運用にあたり、ワークフローの変更や従業員の意識改革など、社内的な変化を伴い、抵抗も起こりがちです。そんなときにどのように対処すればいいのか、ベンダーがセミナーや研修会で道筋を示してくれれば、使う側も安心でしょう。

SFAは、それ自体の機能や性能はもちろんのこと、導入とその後の運用がとても重要です。スムーズに導入でき、存分に活用できるサポート体制がベンダー側にあるかどうかは、製品選択の際の大きなチェックポイントといえます。

拡張性やセキュリティは十分か

SFAは導入する企業によって、使い方が少しずつ違ってきます。企業によっては、独自の業務プロセスが強みになっていることもありますから、自社の使い方に合わせてカスタマイズできることが必要となります。既存の自社データベースとのリンク、システムとの連携など、どこまでの拡張性があるかはしっかり確認すべきです。

また、SFAが扱う顧客情報は、企業にとって第一に守らなくてはならない情報です。それだけに、外部からの攻撃や内部からの漏洩に対するセキュリティは十分かということも、入念にチェックしておきましょう。

全社がSFAを理解し活用すれば、大きな効果を得られる

SFAは、導入するだけで売上が上がる「魔法のツール」ではありません。環境を整えてスムーズに導入し、その機能を活かした運用ができれば、営業部門だけでなく、企業全体に大きなプラスをもたらします。しかし、そのためには、経営陣から現場のメンバーに至るまで、SFAとは何か、それによって何が変わり、どのような利益が生まれるのかを十分に理解することが必要です。

その上で、自社の環境にフィットした形でSFAを使いこなせば、単なる売上向上よりも大きな効果を、SFAによって得られることでしょう。

まとめ

これらのSFAに関する記事を通じて、SFAの基礎知識SFAの導入の注意点を把握いただけましたか。自社の営業にSFAを採用してみましょうか。
Read more

SFAの導入と運用に伴う注意点

SFAの導入と運用に伴う注意点

以前で紹介したことを踏まえれば、SFAは営業部門だけでなく、全社的な基幹システムとして通用するものだということがおわかりいただけるでしょう。しかし、実際に導入するとなると、意外なところでつまずくことも少なくありません。続いては、 SFAの導入と運用に伴う注意点 について考えてみましょう。

SFAの導入と運用に伴う注意点

「使って当然」という環境を作る

SFAを導入したのはいいけれど、現場になかなか定着しない…というのは、よくある悩みです。SFAは活用してこそ真価を発揮するものですから、日常的に使うようにしなくてはなりません。

ではどうするか?…その方法はいくつかありますが、ひとつは上長のプッシュです。経営陣から指示を出したり、SFAベースでのワークフローに移行したりすれば、否応なくSFAを使うように誘導できるでしょう。その意味では、現場のマネージャーはもちろん、経営トップが積極的に導入に関わることが重要です。また、SFAを積極的に使いこなすメンバーに何らかのインセンティブを与えるという方法も考えられます。

しかし、本質的に必要なのは、SFAの活用にどのようなメリットがあるのか、それによってチームメンバーにどのような利益が生まれるのか、さらには顧客にどのような価値を提供できるのかということを、現場にしっかり理解させることでしょう。そうすれば、「これだけメリットが多いSFAなのだから、使うのは当然だ」という状況が自然と生まれます。

スモールスタートを切るのも良い方法

SFAの導入による変化は、営業現場でのワークフローだけにとどまりません。個人プレーからチームプレーへの移行、顧客第一主義という発想への転換など、企業に大きな変革をもたらす可能性を秘めています。それだけに、全社的に一気に移行するというのは、なかなか難しいことです。 そんなときは、6~7名程度のチーム単位でスモールスタートを切り、その効果を見るというやり方も有効です。

新たにSFAを導入するとなると、運用や活用について予測できない障害が発生することもあるでしょう。定着するまでに、困難に直面することもあるかもしれません。ですから、まずは最小単位での導入として、様子を見るのです。これなら、障害や不具合が発生しても、全社的な問題に至ることはありません。その上で導入範囲を広げていけば、社内全体にスムーズに普及させることができるはずです。

まとめ

SFAの導入と運用前、注意すべきことがご存知した方が良いでしょうか。次は、最後のSFAに関する記事にSFAツールを選ぶポイントについて読みましょう。
Read more

Salesforceと他社のCRM/SFAの違い

Salesforceと他社のCRM/SFAの違い

Salesforceは世界中に人気があります。他社のCRM/ SFAと比較して、Salesforceの格差は何でしょうか。オンプレミス型とクラウド型という大きな違いもありますが、Salesforceが世界中で10万社以上の実績を誇る理由はまさにこれらにあります。では、 Salesforceと他社のCRM/SFAの違い について見てみましょう。

Salesforceと他社のCRM/SFAの違い

導入期間としやすさ

Salesforceはクラウド型サービスのため、ハードウェアなどの設備投資が不要で初期費用を抑えることが可能です。

短期間でスモールスタートし、ビジネスの成長に合わせてシステム拡張できるため、導入におけるハードルは極めて低いです。

カスタマイズ性と拡張性

カスタマイズの容易さは大きな特徴です。自社の文化に合わせて画面のレイアウト変更はもちろん、外部システムとの連携や既存の独自システムとの連携も考慮されています。

セキュリティ対策

モバイル環境での利用は便利な一方、情報漏えいリスクが高まります。しかし、詳細な設定項目でアクセス制限をかけられます。

またデータの安全性については、高度な対策を施したデータセンターに預けているため、顧客自身での対策は不要です。

インフラ保守に関して

セキュリティ同様、セールスフォース・ドットコム社側での管理であり、顧客側でのインフラ保守は不要です。まさにクラウド型サービスの大きな特徴の一つといえます。

運用コスト

月額費用をSalesforceに支払う形で発生しますが、大きなカスタマイズがなければこの費用のみで完結します。

オンプレミス型の場合、莫大な初期費用の反面ランニングコストがかかりませんが、別途インフラ保守費用は継続してかかります。

また、再開発にはさらに大きなコストがかかるでしょう。

システムの安定性

システムが停止すると、ビジネスに甚大な影響をもたらしますが、そのリスクを最小限にするため、Salesforceはすべてにおいてデータが多重化されています。さらにセールスフォースの予定稼働時間に対しての達成稼働率は99.9%を保持しており、関連データは常に開示されています。

まとめ

ここまで、Salesforceの格差を理解できていただけますか。自社のビジネスにSalesforceを採用してみましょうか。
Read more